not simple

フィギュアスケーターKim Yu-Na(キム・ヨナ)選手をまったり応援するブログ

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

QUA秋冬物の広告メイキング+α@MBC『SectionTV』


Yu-Na Kim -「Section TV」 2010 0730>http://www.youtube.com/watch?v=xGIb8C8xc2g

犬の舌が手の甲に! で思わず叫んだ後に笑うヨナ(しかしヨナも秋服で暑かろうが犬もさぞ暑かっただろう)とか、外国人モデルに照れているヨナとかに和んでいたら、こんな記事。

クイーンキム・ヨナ、イケメン外国人モデルに内気31_77151.png
 'フィギュアクイーン'キム・ヨナがイケメン外国人モデルの心温まる美貌に和色した。
 30日に放送されたMBC TV『セクションTV芸能通信』は、キム・ヨナの秋の写真集の撮影現場を訪れた。この日の撮影の中でキム・ヨナは、花を持ったイケメン外国人モデルと呼吸を合わせた。彼女はモデルと目が合うたびに、ぎこちない笑い方をして照れている姿を見せた。
 30度を超える蒸し暑い天気にもかかわらず、キム・ヨナは、撮影中も明るい姿を失わないプロの姿を示してスタッフたちの賞賛を集めた。

http://www.tvdaily.co.kr/read.php3?aid=128053145477151002


記事タイトルがなんかもう…さもありなん…笑
でもかわいいから良し! 完成版が見られるのはいつかな。

WS000000.png
スポンサーサイト

| 動画(CM,メイキング) | 23:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010/07/29 仁川空港での会見「大人の演技を見せたい。競技力に心配はない」

2010072919451958801_195738_1.png

 10日間の短い国内の訪問を終え、訓練に戻るフィギュアクイーン(20,高麗大)は、『大人の演技』を、新しいシーズンのプログラムのキーワードに挙げた。
 キム・ヨナは29日夕方、仁川空港からトロントへ出発する前、新しいシーズンにお目見えするプログラムの大まかな構想を明らかにした。
 キム・ヨナは19日韓国に入国した際の会見で、"タンゴのようなスペイン風の音楽をやってみたい"と明かしている。
 2005年から2007年までに、すでに『ロクサーヌのタンゴ』でSPの演技をした記憶があるが、キム・ヨナは、"当時は私も幼かった。タンゴにも様々な姿があるだけに、今回はより成熟した姿を見せたい"と話した。
 プログラムについては"SPとFSの内1つは、キャラクターが中心となる演技をして、残りの1つは、クラシック音楽に合わせる"とし、"キャラクターのプログラムというより、ますます良くなるプログラムを作成したい"と説明した。
 また、すでに2010年バンクーバー冬季五輪では、完璧なトリプルコンビネーションジャンプ、トリプルフリップを跳ぶなど、完成度の高い演技を広げて示しているため、新しいプログラムも技術的に大幅に変更はない見通しだ。キム・ヨナは、"ジャンプにも大きな変化はなさそうだ。昨季した演技が得意な構成"と述べた。
 それとともにキム・ヨナは新たなプログラムでも変わらぬ競技力を示せるという自信をのぞかせた。今シーズンのGPSのGPFへの出場を辞退し、世界選手権だけ出るとしたことに、"実戦感覚を上げる機会がないのではないか"という懸念の声が出たことは事実である。夏中の地上の訓練で体力を養い、早目に新しいシーズンの準備を始めていたいつもとは違い、準備が遅くなるのも不安な部分である。
 しかし、キム・ヨナは、"公演を通して、感覚を見つけることができるので、競技力に支障はない。また、過去2カ月間、トロントで少しずつ体力を積んで体調を引き上げたし、心配はない"と断言した。"試合では、リンクに立った時、好みの緊張感などの感じがより重要だ"という説明も付け加えた。
 キム・ヨナはむしろ、お気軽に新しいシーズンの準備をすることに満足していた。"オリンピックを準備する間には負担も大きく、選曲や訓練などのすべての決定があまりにも難しかったが、今ではリラックスして練習することができる"ということだ。
 キム・ヨナは、"まだ時間がたくさん残っているので、世界選手権で具体的な目標は決めなかったが、いつもそうだったように、新しいプログラムで発展した姿をお見せしたい"と覚悟を伝えた。

http://kr.news.yahoo.com/sports/golf/view?aid=2010072920040167501


 キムの所属事務所オルデトスポーツは、今後のキム・ヨナの帰国日程については"まだ決まっていない"と控えめな立場を明らかにした。オルデトスポーツでは、今後アイスショーを続けて開催することを明らかにしている。今年の年末に国内でアイスショーを催す計画については、"12月にアイスショーをするには、競技場をとらなければならない。現時点では確定したことがない"と述べた。

http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?articleid=20100729202140376e7より一部抜粋



ワールドまでずーっとヨナの演技を見られないのはさみしいので12月のアイスショーが開催されればいいなあ。
ロクサーヌのタンゴとはまた異なる色のタンゴ、楽しみです。

| 最新ニュース | 22:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。