not simple

フィギュアスケーターKim Yu-Na(キム・ヨナ)選手をまったり応援するブログ

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キム・ヨナ新プログラム使用曲を発表

帰ってきてパソコンつけてYNKFを覘いてみたら、ヨナ(ATS)が使用曲ついに発表! の上、開いたスレッドは既に7ページ目。もうメンバー全員狂喜乱舞! って感じの投稿がずらり。やあ楽しいわ嬉しいわで、読みながらにやにやしちゃいました笑

FSの使用曲については既に漏れていた通りですが、SPの使用曲を予定していたタンゴから変更です!!
こちら!

SP:Giselle
FS:Homage to Korea (いくつかの韓国伝統音楽を編集。アリランを含む)
 どちらもデヴィッド・ウィルソンの振付


wy1.png
wy2.png
wy3.png


▼キム・ヨナ

“This is the first time that I chose ballet music for my program. I think it will be a great opportunity to show another side of me,” explained Yuna Kim on the short program. “I like the actual story of Giselle. I look forward to fully expressing the dramatic and lyrical interpretation of the music in my program.”
「私が自分のプログラムにバレエ音楽を選んだのは初めてです。私の別の側面をお見せする良い機会になるだろうと思っています」とキム・ヨナはSPについて説明した。「私はジゼルのお話が好きです。プログラムの中で、この音楽の持つドラマチックでリリカルな解釈を完全に表現することを楽しみにしています」

Yuna Kim also explained the meaning of her new free program. “David Wilson had often recommended Arirang (one of the most famous Korean folk music) for program music. However, I had my reservations because I thought it was never the right time. After the success at the Olympics, I thought now is the right time to give back to the people of Korea and to thank them for their enthusiastic support.”
また、キム・ヨナは彼女の新FSの意味について説明しました。「デヴィッド・ウィルソンはしばしばArirang(最も有名な韓国のフォークミュージックの1つ)を使用曲として推薦してくれていました。けれど私はまだその時ではないと思ったので、保留にしていました。オリンピックで成功を収めた今こそ、韓国の人々の熱心なサポートに対し、お返しをするのにぴったりな時期であると考えました」



▼デヴィッド・ウィルソン

“It’s a passionate, dynamic, and strong music that has a story full of emotional complexity,” expressed David Wilson on the program. He added, “Although it’s a short program, it feels like a long program because it has such a rich story. It's a very intense journey and a fabulous opportunity for Yuna to display her power of expressing complex emotions through the strength of her skating performance.”
「それは非常に情熱的でダイナミックで力強く、複雑な感情に満ちたストーリーを持つ音楽です」と、デヴィッド・ウィルソンはプログラムを表現しました。「SPですが、そのように豊かなストーリーがあるので、FSのようにも感じられるでしょう」と、彼は言い足しました。「演技の力で複雑な感情を表現し、彼女のパワーを発揮する…それは彼女にとっての強烈な進展であり絶好の機会です」

David Wilson also explained the background to how Korean traditional music was chosen for the skater’s free program. “Yuna’s long program is an homage to her home country, a love letter from Kim to Korea. It’s Yuna’s gift and tribute to all of her fans and country that showed her unwavering support throughout her career in competitive skating.” He went on to explain, “Yuna is such a well-loved sports hero throughout the world and somewhat of an icon in Korea. As an Olympic champion, I think this is the perfect timing to share who she is and where she comes from culturally with the rest of the world. Through this program, I hope she can bring to attention to the world stage what is nearest and dearest to her heart…and that is Korea”, clearly showing his love towards Korea and its people.
またデヴィッド・ウィルソンは、韓国伝統音楽がどのようにしてFSの使用曲に選ばれたのか、その背景について説明しました。「ヨナのFSは彼女の故郷へのオマージュであり、キムから韓国へのラブレターです。彼女のスケート競技キャリアに対し揺るがぬ支持を示した全てのファンと韓国へ、ヨナが送る贈り物と感謝のしるしです」彼は説明を続けました。「彼女は世界中で愛されるスポーツヒーローであり、韓国におけるアイコンです。オリンピックチャンピオンとして、“彼女が誰であるか、彼女がどこから来たのか”ということを、他国の人々と共有するパーフェクトなタイミングだと考えています。このプログラムを通じて、彼女が、彼女の心臓に最も近く最も愛するもの――それは韓国です――を、世界の舞台から気になる存在とさせられるよう願っています」と、韓国とその国の人々への愛を明確に示します。



▼ピーター・オペガード

On his impression on the new program, Peter Oppegard commented, “It’s a new level of sophistication in her movement. When we first met, the first thing she mentioned was about further enhancing her artistry. This program allows Yuna to expand her already well-known artistic abilities to new horizons.”
新プログラムに対する彼の印象について、ピーター・オペガードがコメントしました。「それは彼女の動作の洗練性の新次元です。私たちが初めて会った時、彼女が最初に言及したのは、芸術性を更に高めることでした。このプログラムで、ヨナは彼女の既に周知である芸術的才能を伸ばすことができるでしょう」

On the long program, Peter Oppegard stated, “When I first saw Yuna doing the free program, it took my breath away because she comes to a point after she does her first triple lutz - triple toe and skates around with a freedom in her movement that looks really beautiful. There is true joy and freedom in her movement and skating. I hope she fully delivers these emotions to the audience.” He added, “I also feel that she has a sense of her country and people with her and that in a way, she is giving back and showing appreciation for where she came from.”
FSについて、ピーター・オペガードは述べました。「初めてヨナがFSを滑るのを見た時、私は息も出来ませんでした。最初の3Lz-3Tの後、本当に美しい動作で自由に滑っていたからです。彼女のスケートには真実の喜びと自由があります。彼女がこのような感情を観客に完全に伝えられるように願っています」彼は付け加えました。「彼女は自身の国と周りの人々に思慮を持っており、彼女が、生まれた場所に対して感謝を返していることを感じます」




タンゴからジゼルへの変更!
ロクサーヌでタンゴは見ていたので、ジゼルでバレエという新境地が見られるのが嬉しいし、楽しみですね。

ちなみに他スケーターの過去のジゼル演技はこちら。参考までにどうぞ~。
Yukari Nakano 2008 SA>http://www.youtube.com/watch?v=Jh3xKviCJPk
Miki Ando 2008 SA>http://www.youtube.com/watch?v=AR8QRfAWOtc
Katia Gordeeva 1996 US Pro>http://www.youtube.com/watch?v=CfQDYH4xUYs ←これ好き!



そういえば手紙、書き終わりました。明日出そうっと。
letter.jpg
スポンサーサイト

| 最新ニュース | 22:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キム・ヨナとナオミ・ナリ・ナム、感謝祭を共に過ごす

※11/29 12:30記事修正
ヨナがクワンを見かけたのは EWIP じゃなく Lake Arrowhead だー! だとか、主にうろ覚えが原因の間違いに気づいたので、ところどころ直しました…。失礼しました!



ヨナの公式サイト:http://yunakim.com/ のYUNA SPACE(PHOTO DIARY)、更新されていました。

32427508.png

感謝祭(Thanksgiving)当日、アメリカ人スケーターがtwitterで続々呟いているのを見て、「ヨナもなんぞお祝いしてるのかなあ、呟いてくれないかなー」とtwitterを期待を込めて見守(張)りつつ、結局更新はなくてしょんぼり肩を落としていたのですが笑、そうこう油断してたら公式サイトで更新です。うっれしっいなー♪

さて、ナオミ・ナリ・ナム(通称NNN)は韓国系アメリカ人の元フィギュアスケート選手。現在はEast West Ice Palaceでコーチ業をしていらっしゃいます。
選手としての経歴を簡単にまとめると、

 1999年 全米選手権女子シングル部門でミシェル・クワンに次ぐ2位となる(当時13歳)
  その後ケガに悩まされ、スケートから離れる
 2005年 ペアに転向
 2007年 全米選手権ペア部門3位
 2008年 引退

です。そして選手時代のコーチ兼振付師はピーター・オペガード、…ヨナの現コーチでございます。
ヨナのコーチが発表された時の、ニュース記事だったかそれともYNKFの誰かの投稿だったかで、NNNの時に果たせなかった夢がキム・ヨナに継がれていく…みたいな文章を読んだのが、記憶に残ってます。

にしても、素敵な雰囲気の2ショット写真ですね。そういえば2人はいつかのショーで共演していた記憶。
LAに拠点を移してから、ヨナはスケーターとの人脈を広げて交流を深めつつあるようで…先輩から学べることはたくさんあるでしょうし、ファンとしては嬉しい気持ちでいっぱいです。
IFS12月号掲載のインタビューで、EWIPでの訓練について、ヨナは「ミシェルにそこで訓練してもいいかと尋ねたら、もちろんよ、と快諾してくれた。すごく簡単に事が運びました」と語っています。インタビューを含め、こう見てみると、LAでの充実した生活があるのは、クワンによるところが大きいなと感じます。
ヨナと一緒にクワンに感謝しなけりゃ、ですね。

思えば、ヨナが、子供のころからずーっと憧れていたクワンと、初めて会話をしたのは、2009年にLAのStaples Centerで開催された、ヨナが優勝した世界選手権の時(SP死の舞踏・FSシェヘラザード)。そのStaples Centerは、クワンが01-02シーズンに全米選手権で優勝を果たした場所。その時のクワンの演技プログラムは、ヨナも「印象的で記憶に残っている」「私のプログラムも、クワンのものとエンディングの振付が少し似ているんです」と嬉しそうに語っていた、シェヘラザード。
…軽々しくは使えない言葉ですが、でもちょっと運命的、ですよね。

2009年世界選手権よりもっと前、2000年の夏の日、Lake Arrowhead に訓練をしに行った時、ちょうどバスルームに居たクワンを見かけたのに、恥ずかしすぎてぴゅーっと逃げてしまったらしいヨナですが、それらのことを思うと今の仲良しっぷりは、すごく嬉しいし、微笑ましい。このままずっといい関係が続いていくといいなあ、と思います。



…いつの間にやら記事タイトルとは違う2人の話になってしまった。すみません笑
えーと、そうTEB! はまたもコルピ選手に見とれてました。やっぱり良プログラム…好きだー!

| 最新ニュース | 01:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

EWIPにて今日も今日とて訓練中

capture1s0.jpg
「今日は素晴らしい日! キム・ヨナ(オリンピックチャンピオン)とキャロライン・ジャンと同じリンクに居られたなんて、忘れられないわ



ということで、訓練に出くわした方のtwitterからでした。ジャン選手も居たようなので、場所は拠点の East West Ice Palace かと思われます。
ATSLAを見に来て、007の拳銃ポーズで記念撮影をしていたジャン選手はとても可愛かったですが、今日はヨナと喋ったりしたのかな。彼女のジャンプ、矯正もあってすっごく良くなってきてますよね。応援してます。

ヨナは新プロ滑り込んでるんだろうなー、楽しみだなあ…。
そうそう世界選手権のチケットももうすぐ発売ですね。倍率ものすごそうですが、もう当たって砕けろ! な気持ちで臨もうと思います~。ここをご覧になってる観戦予定な皆さんも、当たりますように。

| 最新ニュース | 21:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。