not simple

フィギュアスケーターKim Yu-Na(キム・ヨナ)選手をまったり応援するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3人のコーチが語る‘キム・ヨナ’

ヨナが一年以上のブランクからワールドで競技復帰することについて、名だたるコーチの方々が、それぞれの考えを述べてくれています。
ちなみに記事のライターさんは、このブログでも2日前の朝にご紹介しました、Christopher Clareyさんです。それではどうぞ。

After Long Time Away, Korean Skating Star Returns
By CHRISTOPHER CLAREY
Published: April 28, 2011
http://www.nytimes.com/2011/04/29/sports/29iht-skating29.html?_r=2


▼フランク・キャロル
「彼女(キム・ヨナ)にとってはとても、とても困難なものになるだろうと思う。しかし彼女は、それを為すだけのガッツと強さを備えている」とフィギュアスケートのアメリカ人ベテランコーチ、フランク・キャロルは言います。「精神力が無くてはオリンピックチャンピオンにはなれない」

▼佐藤有香
佐藤有香(日本人の1994年世界選手権チャンピオン。現在アメリカのアリッサ・シズニー選手を指導)は、「相変わらず、キムを見ないふりをすることは出来ない。トレーニングの間でさえも」と話します。
「今日の練習、彼女は頑丈で、とても調子が良さそうに見えた」と、水曜朝に佐藤は言いました。
「彼女は依然として技術的に素晴らしく、スケーターとして、見ているに見事。加えて卓越したスピード。あなたの視線は常に彼女に引きつけられる。彼女はあなたの視線を捕まえる。そう、磁石みたいに」
佐藤は芝居がかって、自身の目をさっと動かしてみせます。
「私が他の誰か(スケーター)を見ていると、そこに、傍を彼女が滑り抜けていく……『うわあ、うまい』 本当に、大したもの。私はこれを一流のスター性と呼んでいる。彼女は、氷上を支配するのです」

▼ロビン・ワグナー
「プログラムはリズムをたどる」とロビン・ワグナー(2002年オリンピックチャンピオンであるサラ・ヒューズを指導したコーチ)は言います。「プログラムには起伏があり、つまらない瞬間も、惰性と感じる瞬間もある。真にリズムを理解し、競争的な雰囲気においても最高のレベルでプログラムを演じられるようになるには、通常多くの月を要するものだ。しかしながら、彼女(キム・ヨナ)はオリンピックチャンピオンで、非常に優れた技術があり、そして今までにも偉大な演技を生み出してきている。もしかすると彼女はうまくやるかもしれない。面白くなりそうだね」



有香コーチの素敵すぎるお言葉に、私が照れてしまった…。



さて、いよいよ女子SP、です。ヨナは最終滑走です。
滑走順抽選時、自分の順番を見て「あちゃー」って表情をしていましたが、その後のインタビューで「希望していた順番にはならなかったが、ベストを尽くすのみ。気にせず、自分のペースで演技したい」と話していたし、男子FSを生観戦してきっとパワーも蓄えられただろうし(チャン選手の演技にスタオベしていたとか)……良い演技が見られることを祈るのみ、です。
選手の皆さんが自分の力を出し切れますように。



(えー、FSかもしくはEXが終わるまでは、ずっとテレビとYNKFにかじりつき予定なので、ブログ更新は出来ないと思いますので、ご了承くださいませ!)
スポンサーサイト

| 最新ニュース | 12:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。