not simple

フィギュアスケーターKim Yu-Na(キム・ヨナ)選手をまったり応援するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

氷上“雪蓮華”たちのアイドルキム・ヨナ

8月8日~15日にかけて中国杭州で行われた「SkateAsia」に関する中国語記事にヨナの名前がありました、ので翻訳を。
(韓国語は翻訳機にかけても結構日本語として伝わる文章で返ってくるんですが、中国語はなかなかそうもいきませんでした…)

 照りつける夏の太陽を楽しむために、アイススケートは間違いなく最初の選択肢でしょう! 少なからず杭州市民はきっとビエンチャンで 2010 SkateAsia が今週開催されると伝え聞き、そこに集結し、アメリカ、カナダ、韓国、日本、中国台湾、フィリピン、香港、マカオ、インドネシアなどの国のそれぞれの専門家と、この夏の日に氷のさわやかで立派なごちそうを共有します。

“小夢莉(小さな少女たち)”は試合を統治する
記者が試合の現場で到着した時、試合に参加するほとんどの選手の年齢が10歳ほどで、大きくても15歳を超えておらず、彼らは全員親やコーチが付いていることを発見した。中国代表団のリーダーは杭州ネットワークの記者に語った:"我々のチームの合計7人で、それぞれ団体競技と個人競技に参加している。10歳前後の平均年齢で見てはいけない。しかし、大会の経験はとても豊富で、今度の試合もきっと彼らを少なからず成長させるでしょう"と述べた。

キム・ヨナは選手のアイドルです
 今回のスケート招待試合は選手間のコンテストではないが、より多くの盛大なパーティが好きです。様々な国から来た500人以上の選手が、競技場の上でつづり合わせるのがすごいが、場外で互いに雑談することに張り切っていいます。話題が自身の心のアイドルとなった時、彼らは口をそろえて一つの熟知した名前、"キム・ヨナ"を杭州ネットワークの記者に教えます。
 タイから来た一人の選手はフットワークレース(ステップ?)でメダルを勝ち取った後で嬉しくてたまりません:"本当に表彰メダルを取れるとは思えなくて、私は自分がするのがまだ足りないで良いことを知っていて、将来私が韓国のキム・ヨナのように世界の最高の栄誉を勝ち取ることができることを望みます。”

元記事はこちら



こういう記事を読むと、ヨナが子供の頃からずーっと憧れてお手本にもしていたミシェル・クワンの言った
“I know they all look up to Yu-na Kim. It's a very big compliment when (Kim) said 'I looked up to you Michelle when I was very young.' I know that these kids have a good role model, and that's Yu-na Kim.”
という言葉を思い出しますね。あと先月のATSで、クワンとのデュエットを披露する前に、ヨナがクワンのことを「私の心の中の、星のような人」として紹介した時のことだとか。
自分を憧れとする年下のスケーターと、ヨナもいつかデュエットをすることがあるんでしょうか。いつか見られたら嬉しいですね。


さてところで、自分がパソコンに触れる時間と、パソコン(のインターネット接続)の機嫌の良い時間帯がここ数日不一致です。ヨナ関連のニュースも少なめだったのでまーいっかな、といったところですが書きたい時に書けないのは不便ですね。
言っても仕方ないので、おとなしくパソコンに保存してあるヨナの競技動画を見ていました。2009ワールドSP死の舞踏を特によく見ます。あとはやっぱりバンクーバーオリンピックのSPFS両方。スコット・ハミルトン(1984サラエボオリンピック男子シングル金メダリスト)の解説が前から好きなので、NBCのをよく見ます。3人で解説していたのですが、ハミルトン以外の2人の解説者の言葉も良かったなー。
スポンサーサイト

| 最新ニュース | 17:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。