not simple

フィギュアスケーターKim Yu-Na(キム・ヨナ)選手をまったり応援するブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【続】キム・ヨナ ブライアン・オーサーコーチと決別

昨日の記事「キム・ヨナ ブライアン・オーサーコーチと決別」をアップした後のことですが、
ブライアン・オーサーコーチのインタビュー詳細の載った記事が多数あげられ、そのインタビュー内容に反応する形でキム・ヨナ選手が自身のcyworldの掲示板と公式サイトにコメントを載せました。


▼ブライアン・オーサーコーチのインタビュー

Firing by figure skater 'came out of the blue,' says Orser

“It was very much a surprise,” said Orser. “There was really no valid reason. I still don’t understand why they did this. I don’t know. It came out of the blue. They sat down with me and Tracy and said we’re not coaching her anymore. And that was that.”
Kim blossomed under the tutelage of Orser and Wilson, who trained her out of the Toronto Cricket, Skating and Curling Club, winning the world title in a landslide in 2009 and then overwhelming the field at the Vancouver Olympics to win the gold. Orser was a popular figure in South Korea, and was even featured in a commercial.
Orser and Wilson got the news from Kim’s mother at a meeting on Aug. 2 — the skater wasn’t present. He said he waited three weeks before issuing a release Tuesday because he thought there might be a change of heart and things could be worked out.
Orser, a former world champion and two-time Olympic silver medalist, found the reasons for their dismissal given by Park Mi-hee rather lame.
“They just felt that we had not given much attention to Yu-na, but at the same time she was kind of talking out of both sides of her mouth.,” he said, “She had told us to move forward with other students.
“We were just waiting to get our orders from the mother because that’s what we always did. She always told us when they were ready to move in a certain direction and we had a meeting and we got pen and paper out and we did a plan. We never got to that point.”
Kim’s management company AT Sports later released a statement saying relations between the skater and coach have been “uncomfortable” since May.
Orser said that’s not the case.
“I spoke with her the other day … She seems confused about what’s going on. Because of all this turmoil with her mother, she doesn’t know what’s going on. Nor do I. That’s what I said to her, ‘I’m a little confused, but it’s been a great four years,’” said Orser.
“We just needed to have a little chat with her before I did this (went public), that the last four years were really magical and we had such a great thing and we support her in whatever direction she wants to go. She wasn’t part of any of these decisions about letting us go.”
Orser made it clear money was not an issue at all.
“None of this was over any kind of finances at all. No contract issues. I never had a contract with them from the beginning. I don’t now. There was no issue about bonuses or anything like that. This had nothing to do with money at all.”
Both Orser and Wilson had consciously decided to give Kim some space after the Olympics to figure things out because it had been such an emotional season and decisions had to be made.
“It’s one of those things you can’t force,” he said. “You have to make your choices and your decisions for the right reasons.”
Orser said he got the blessing from Kim’s mother to work with other skaters during the summer. Orser said she told him not to make any time for her daughter because they were unsure of their plans for the off-season.
Orser was left out of the loop all summer, including when Kim went off to Korea in July to do some shows. He read on the internet that she was pulling out of the Grand Prix events for this coming season but planned to compete at the world championships.
“I thought it was a little unfair that I had to read it on the internet, that they never consulted with me at all,” he said. “I kind of figured there was something up there.”
He further suspected something when he got a telephone call from former world ice dancing champion Shae-Lynn Bourne telling him that she would be choreographing Kim’s short program this season.
“It’s fine, but I wasn’t consulted on that, either,” said Orser. “I sent numerous emails to both her agents and to Yu-na when they were in Korea in July and I didn’t get one single response back from them.
“I was asking them what’s going on and saying I’m getting some media interest so I need to know what to say. There was literally not a single response, not one ‘Here’s what to say,’ or ‘We’ll talk to you when we get back.’ I even emailed at the end of it: ‘When are you coming back to Toronto?’ There was not even a response there. It was really kind of pathetic.”
Orser is philosophical moving forward. He’s working with a pair of fast-rising Americans Adam Rippon and Christina Gao, among others.
“I’ve got some great kids. I love my job, I love my work and I’ll continue to. I’ll probably lose more kids along the way.”



かいつまむと…
・8月2日、キム・ヨナのマネージメント会社代表パク・ミヒ(ヨナ母)がブライアン・オーサーコーチとトレイシー・ウィルソンコーチに会い、正式な理由を言わずに一方的に解任を宣告。 ※解任されたことを発表するのにオーサーが3週間を置いたのは、もしかしたらその間にキム・ヨナ選手側が心変わりする可能性があるかも、と考えたため。
・パク・ミヒによる宣告の後にオーサーはヨナと会ったが、ヨナもオーサーと同じく、一体何が起こっているのか分からずに混乱しており、自身の母から何も知らされていないようだった。
・解任の理由はお金(コーチ料など)のことではない。
・パク・ミヒから、「オフ・シーズンに向けての計画がまだ不明なため、夏の間は他選手のコーチとして仕事をしてくれるよう願います」と言われたが、その7月頃から、オーサーはキム・ヨナ側の蚊帳の外に置かれ、GPSをスキップしてワールドに出場することもインターネットのニュースで知った程だった。シェイ=リン・ボーンがキム・ヨナの新SPの振付をするという話も、シェイ=リン・ボーンからの電話で知った。数多くのメールを送信したが、キム・ヨナ側からのレスは一切無かった。



元記事はこちら



▼キム・ヨナ選手のコメント

2010.08.25 12:43

こんにちは皆さん...
こらえてこらえてこれ以上見守ってばかりいるにはとても苦しくてこのように文を載せます。..
私だけでなくブライアン・オーサーコーチを含むこのことに関連したすべての人々が真実を知っています。
選手とコーチが決別するそれなりの理由は常にあるものですが、なぜこのように生半可に言論を利用して決別の便りを知らせ、私たちだけで分かってもかまわない過程を事実でもないことを話して事を大きくさせたのか、率直に残念で悩み苦しんでいます。


『一方的な通知...』
果たしてコーチとの決別を母一人で決めたということが真実でしょうか..
私はもう子供ではありません。 母もそれはよく分かっています。
どうなろうと私のコーチであり、ずっと一緒にいた私が決別の最終決定をしました。母と私が相談して慎重に決めたのがこれです。
そして率直にコーチとの関係を整理しようとする時、コーチと直接相談をして決める人が果たしているでしょうか..
娘として、何の理由も誤りもないのに非難されている母を、まぬけに静かに見守っているだけの娘でいたくはありません。


『決別理由は単に他選手招聘問題のためだ... 』
他選手コーチ提案と絡まった問題がもちろんありましたが、本当にそのただ一つが理由となるでしょうか... ブライアン・オーサーコーチのインタビューを見た時、私から見ても、私たちの側が礼儀に欠き軽率であって、全てが私たちの、いや母の誤りであったかのように読めたのです。
皆さんはその言葉をそのまま信じるのでしょうか?
約4年の間、メディアの報道そのままに、本当に何の問題なしに楽しく訓練だけしていたでしょうか。


『通知を受けてびっくりしました...』
数ヶ月間曖昧な関係を維持し、わずか数日前完全に状況が終了しましたが、その過程を皆さんがご存知ならば、突然記事でインタビュー内容に接した時私どもがどれくらい呆れてその上驚いたのかかもご理解いただけるでしょう..
ですが、その過程をお知らせしたくもなくお知らせする必要もありません。あくまでも私たちだけの問題ですから。
詳しく申し上げることができないことが苦しく、なぜこういう問題が起きたのかなぜ解明をしなければならないのか、この状況はあまり荷が重いです。
すでに大きくなるだけ大きくなりましたが、偽りで包装された真実をこれ以上埋めてしまうことはできないでしょう..?


誰かの善し悪しを問おうということではなく、真実は明らかにならなければならなくて
あらゆることが明らかになりはしなくても、人々が偽りを信じて罪のない方を非難するのを放っておくのは、到底できません。
そのまま良く終えることができたことが、どうしてこのようにお互いに傷だけを残すようなことになったのか...今は本当に止まりたいですね。

この文を見れば、マネージメント会社が私に書かせたのではないかという思われるでしょうけど..
私も人間なのでじっとしていることはできませんでした..
どうなろうと私に関したことだから真実を知らせたかったし、神様に誓って私どもは慎重だったし相手方に礼儀を欠いた行動はしませんでした..
信じて下さい。
ご心配をおかけして申し訳ありません..



公式サイトから




オーサーコーチのインタビュー記事は把握している限り全て読みましたし、各フォーラムも追ってはみましたが、どうにもこうにも、やはり当事者以外には真相は杳として知れないままなので、どちらが良いとも悪いとも言い切れませんし、一体どちらが悪者なのか? だとか、そういう問題でもないのだろうと思います。
第三者の介入が無ければもう少し良いように事が運んでいたのかな、と感じますが、そうやってたらればを言い出すとキリも無いし不毛なので、止めておきます。

そしてブライアン・オーサーコーチとキム・ヨナ選手の双方から明確な見解が出ましたので、何か大事にならない限りは、この件の詳細に言及するのはこれでおしまいにさせていただきます。私の考えは昨日と変わらず、2人のこれからに幸多きよう願っています。
スポンサーサイト

| 最新ニュース | 21:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。